中古車選びは慎重に!

CARjunkCAR

失敗しない中古車の選び方

車を選ぶときに大切なことはやはり自分で見てみることですよね。自分が乗ることになるかもしれない車です。やはり乗ってみないと乗り心地はわかりませんよね。それと同じようにエンジンを動かしてみないことにはエンジンの調子もわかりません。そこで、車を見て確認する際に大切なことをいくつかお話していきます。

まず、一番最初にすることは見ることです。これはある程度の人ならしているはずです。カッコ悪い車には乗りたくないですからね。しかし、ここで大切なのはあくまで全体的なことではありません。細かい部分を見て判断して初めて「見た」といえるのです。外装で注意すべき点は、傷やへこみが無いかを見てみることです。簡単に判断する方法があります。それは、車の反射具合をチェックするということです。車の外装を見てみると、周りの景色が写っていますよね?それを見て違和感が無ければいいのですが、他の部分と反射具合が明らかにおかしいところがある場合は、塗装しなおされた可能性があるので注意です。この場合、良心的な業者ならちゃんと説明してくれるのですが、説明してくれない業者もあるのでそういった場合は購入を見合わせたほうがいいでしょう。

また、車を選ぶときに大切なことは、エンジンをかけて動かしてみる、ということです。エンジンくらいなら誰でも動かしたりはすると思うのですが、中に入って細かいチェックをするという方はなかなか居ないように思います。例えば、カーオーディオやパワーウインドウ、エアコン、各部のスイッチ、レバーなど、動かせるところは何度も試してみましょう。車のドアや、給油口、トランク、ボンネットなどの開閉具合までチェックできればグッド。それが出来たら、実際に試乗してみることをお勧めします。車に乗っても性能がイマイチよくわからないという方も多いと思いますが、正直管理人も性能なんてわかりませんよ。そんなのはパンフレットを見ればいいことです。ここで大切なのはあくまで、自分の乗り心地なのです。車を購入してしまえば何年も乗り続けるものです。いくら車の状態がよくても乗り心地が悪ければ見直したほうがいいでしょう。また、試乗していて走っている最中に異音が聞こえたとか、車の走り具合がなんかおかしいなと感じたら買うことを見直したり、または店員に聞いてみることをお勧めします。聞いたときに、しっかりとした説明が無い場合は買わないほうが懸命です。実は、こういったドライバーの勘というのは、大抵当たるものなのです。やはり何年も車に乗っているベテランドライバーも中には居るわけですから、感覚的に車の不具合を見抜くことが出来るというわけです。

また、これも意外に大切なことなのですが、車の下回り。しゃがんだりして車の底の面をチェックしてみましょう。結構錆びている場合があります。下回りが錆びていると、ガソリンタンクなどに穴が開いてガソリンが漏れてしまう可能性があります。そうなってしまったらまた修理費がかさんで大変ですよね。そうならないためにも念には念を入れてチェックすることが必要だといえます。